株式会社新来島どっく

0 -
新来島どっくの歴代社長


門田尚( ~2016年3月)
曽我哲司(2016年4月~ )


■株式会社新来島どっく(しんくるしまどっく)は、日本の造船メーカーである

■来島どっく時代には、経営者の坪内寿夫の下、独自のコスト削減などの経営手法により、愛媛県を中心に一大企業グループ(170社以上)を築いた

■1980年代の造船不況で坪内は経営から退き、新来島どっくとして再発足。グループ会社も複数傘下を離れた

■現在の事業内容
・造船建造・船舶修理、造船部品の製造・販売等



略歴・経歴(プロフィール)
■坪内寿夫(つぼうち・ひさお)
【1914年~1999年】日本の実業家。船舶王、再建王と呼ばれた。シベリアから帰国後、故郷の松山市で個人営業の映画館を手がけ、事業家としての道を歩む。その後、造船業と観光事業を中核とする来島どっくグループ170余社を発展させる


略歴・経歴(プロフィール)
■曽我哲司(そが・てつし)
日本の経営者。株式会社新来島どっく社長を歴任。愛媛県出身。1974年、松山商科大経卒、来島どっく(現新来島どっく)に入社。2012年取締役、2014年代表取締役専務執行役員。2016年4月1日、社長に就任
ページトップ