大和製缶株式会社

0 -
大和製缶の歴代社長


山口久一(1997年~2018年)
山口裕久(2018年~ )


■大和製缶株式会社(だいわせいかん)は、大手の製缶業者である

■総合容器メーカーとして社会に貢献することを基本理念に、創業以来一貫して技術力をもって事業拡大に取り組んできた

■1939年
・大阪府に大阪コルク工業として設立された

■1950年
・自動製缶機による食缶の製造事業に参入

■1965年
・八幡製鉄の関連会社九州製罐と合併し、業容を拡大

■1969年
・世界初となるコーヒー飲料缶の商業生産・販売を開始

■2000年
・開発した蓋ができる金属缶「ニューボトル缶」は、技術展覧会「キャネックス2000」で国内製缶メーカーで初となるグランプリを受賞


略歴・経歴(プロフィール)
■山口裕久(やまぐち・ひろひさ)
日本の経営者。大和製缶株式会社社長を歴任。兵庫県出身。1991年、立教大経卒業。大和製缶に入社。2016年、副社長。2018年、社長
ページトップ