農林中央金庫 歴代理事長

農林中央金庫の歴代理事長


■産業組合中央金庫時代
岡本英太郎(1923年~1928年)
八条隆正(1928年~1933年)
有馬頼寧(1933年~1937年)
石黒忠篤(1937年~1940年)
荷見安(1940年~1943年)

■農林中央金庫
荷見安(1943年~1946年)
湯河元威(1946年~1956年)
楠見義男(1956年~1966年)
片柳真吉(1966年~1977年)
森本修(1977年~1991年)
角道謙一(1991年~2000年)
上野博史(2000年~2009年)
河野良雄(2009年~2018年)
奥和登(2018年~ )


■農林中央金庫(のうりんちゅうおうきんこ)は、1923年に設立された農業協同組合、森林組合、漁業協同組合の系統中央機関の役割を持つ金融機関であり、国内最大規模の機関投資家である

■海外では日本最大のヘッジファンドとして名高い

■略称は農林中金


略歴・経歴(プロフィール)
■奥和登(おく・かずと)
日本の経営者。農林中央金庫理事長を歴任。大分県出身。1983年、東大農卒業。農林中央金庫入庫。2011年、常務理事。2017年、代表理事専務。2018年、理事長
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR