日本精工株式会社

日本精工の歴代社長


山口武彦(初代社長。1916年設立)
今里広記(1948年就任)
長谷川正男
荒田俊雄(1984年~1994年)
関谷哲夫(1994年~2002年)
朝香聖一(2002年~2009年)
大塚紀男(2009年~2015年)
内山俊弘(2015年~)


■日本精工株式会社は、本社を東京都品川区大崎に置く日本のベアリングメーカーである。国内ベアリング業界最大手、世界では3位

■ベアリング以外の製品ではボールねじ世界首位、リニアガイド世界3位、自動車用電動パワーステアリング世界2位等を有する

■NSKと略称される。芙蓉グループ(みずほグループ)に属する

■設立:1916年(大正5年)11月8日


山口武彦 略歴・経歴(プロフィール)
日本の実業家。日本精工株式会社の創業者。1891年に東京工業学校(現・東京工業大学)機械科卒業と同時に、農商務省の特許局に勤めた。そこで機械の審査を担当しながら、欧米先進諸国の機械工業に対する関心を高めていたが、折よく、当時知己を得ていた高橋是清が日本初の製釘事業を興すことになり、1895年、そのための欧米視察を山口に命じた。欧米各国の工場を視察し、2年後に帰国した山口は、日本の技術水準が欧米に比べてはるかに遅れていることを実感し、1906年、日本の機械工業育成のために、輸入機械貿易業、山武商会を設立。その後1914年、機械工業に最も必要とされる軸受を生産主体とした日本精工合資会社を設立した。1916年、新たに日本精工株式会社を設立


今里広記(いまざと・ ひろき)略歴・経歴(プロフィール)
【1908年~1985年】日本の実業家、財界人。日本精工株式会社元社長。広範な交友と人脈から、財界におけるまとめ役として「財界官房長官」「財界幹事長」の異名を取った。長崎県出身。長崎県立大村中学校卒業。家業の今里酒造を継ぐ。1937年、九州採炭を創立。その後、日本特殊鋼材工業、日本金属産業の役員を歴任。経済同友会設立に参加。経営手腕が買われ、労働争議で経営危機に陥っていた日本精工の再建を懇願され社長に就任し活躍した


内山俊弘(うちやま・としひろ)略歴・経歴(プロフィール)
日本の経営者。日本精工株式会社の社長。東京都出身。1981年に早稲田大学政経卒。日本精工入社。2008年に執行役。2010年に執行役常務。2013年に代表執行役専務。2015年6月24日 社長に就任
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR