株式会社中山製鋼所

中山製鋼所の歴代社長


初代:中山悦治(1919年~1946年)
2代:中山育雄(1946年~1974年)
3代:森崎晟(1974年~1976年)
4代:津田鉄夫(1976年~1983年)
5代:角谷三四郎(1983年~1991年)
6代:中村武春(1991年~1997年)
7代:神崎昌久(1997年~2006年)
8代:藤井博務(2006年~2013年)
9代:森田俊一(2013年~2017年)
10代:箱守一昭(2017年~ )


■株式会社中山製鋼所(なかやませいこうじょ)は、大阪市大正区に本社を置く鉄鋼メーカーである

■1919年に中山悦治が個人経営で、兵庫県尼崎市で亜鉛鉄板製造業として創業した事が始まりとされる

■1923年に株式会社中山悦治商店として法人化し現在の船町工場へ移転

■1934年に現商号の株式会社中山製鋼所に改称

■1939年に高炉を設置し、銑鋼一貫製鉄所となる

■2001年には世界初の微細粒熱延鋼板(NFG)の製品化に成功


略歴・経歴(プロフィール)
■箱守一昭(はこもり・かずあき)
日本の経営者。株式会社中山製鋼所10代目社長。昭和28年2月8日生まれ。東京都出身。東大院修了。株式会社中山製鋼所に入社。2017年 社長に就任
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR