松岡汽船

松岡汽船の歴代社長


初代:松岡修造(創業者)
2代:松岡潤吉(修造の婿養子)
松岡辰郎
松岡通夫


■松岡修造が松岡汽船を設立し、養子で家督を継いだ息子・松岡潤吉が2代目社長を引き継ぐ


■松岡修造の玄孫は元プロテニスプレーヤーでスポーツキャスター、タレントの松岡修造である


略歴・経歴(プロフィール)
■松岡修造(まつおか・しゅうぞう)
【1859年~1929年】日本の実業家。松岡汽船創業者。寺子屋で学ぶ以外に特段の学歴はなかったが、年少時より商才に秀でていた。土居通夫らとともに大阪合同紡績、東洋紡と合併を創業したほか、大阪毛斯綸紡績取締役、大阪電気分銅社長、大日本人造肥料監査役などを歴任した。現在の兵庫県西宮市で生まれる。松岡家は地域の門閥家として代々農業を生業として公職を歴任した家柄であったとされる


略歴・経歴(プロフィール)
■松岡修造(まつおか・しゅうぞう)
日本の元プロテニスプレーヤー、スポーツキャスター、タレント。1967年11月6日生まれ。血液型はAB型。慶應義塾幼稚舎・慶應義塾中等部、慶應義塾高等学校を経て柳川高等学校中退。ATP自己最高ランキングはシングルス46位、ダブルス95位。1995年のウィンブルドンベスト8
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR