久光製薬

久光製薬の歴代社長


初代:久光仁平(1847年に創業)
2代:久光与市(仁平の長男)
3代:久光三郎(中冨三郎。与市の三男)
4代:中冨正義(三郎の子)
5代:中冨博隆(5代目社長。正義の長男。30数年社長を務める)
6代:中冨一栄(6代目社長。博隆の長男)


■久光製薬株式会社は 佐賀県鳥栖市に本社を置く日本の医薬品メーカーである

■消炎鎮痛剤のロングセラーとして有名な「サロンパス」でその名を知られている

■3代目社長の久光三郎は1905年、旧筑後久留米藩士族の中冨家の養子となり中冨姓となった

■2015年5月21日に34年ぶりの社長交代で、中冨博隆5代目社長の長男、中冨一栄が6代目社長に就任した


■久光仁平略歴・経歴(プロフィール)
【1818年~1877年】日本の実業家。現・久光製薬の創業者。1847年(弘化4年)、対馬藩の飛び地領だった肥前国基肄(きい)郡田代(現在の鳥栖市内)に旅館兼問屋「小松屋」を創業。当時、ニュービジネスとして注目されていた漢方薬販売に目を付ける。代官所の医者に出会い、製法修得に成功。婦人病の薬「安妙湯」や、「健胃功勝丹」、「小児丸」製造、販売を開始しヒットさせた


■久光与市(ひさみつ・よいち)略歴・経歴(プロフィール)
【1843年~1913年】現・久光製薬2代目社長。1871年(明治4年)小松屋から「久光常英堂」と改称。健胃清涼剤「奇神丹(きしんたん)」を発売する。日清戦争の際には軍用薬として指定され業績を大いに伸ばした


■中冨三郎(なかとみ・さぶろう)略歴・経歴(プロフィール)
【1876年~1957年】現・久光製薬3代目社長。旧筑後久留米藩士族の中冨家の養子となり中冨姓となる。肩こり・腰痛・打身・捻挫・筋肉痛・神経痛・アカギレなどに効く延べ膏薬「朝日万金膏」、「快腹丸」など製造発売を行う。1934年(昭和9年)、「サロンパス」を開発


■中冨正義(なかとみ・まさよし)略歴・経歴(プロフィール)
【1905年~2011年】久光製薬4代目社長。「久光兄弟株式会社」設立。(1965年(昭和40年)「久光製薬」に改称)。1963年(昭和38年)、「エアーサロンパス」を発売。106歳没


■中冨博隆(なかとみ・ひろたか)略歴・経歴(プロフィール)
久光製薬5代目社長。1981年5月に社長に就任。腰痛などに効く鎮痛消炎剤「モーラステープ」をヒットさせるなど、貼り薬事業の拡大に貢献した。34年間社長を務めた


■中冨一栄(なかとみ・かずひで)略歴・経歴(プロフィール)
久光製薬株式会社 6代目社長。佐賀県出身。帝京大学経卒。米ラバーン大院修了。2015年5月21日 6代目社長に就任
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR