加島屋 当主

加島屋の歴代当主


■大坂の豪商・加島屋の当主は代々「久右衛門」を名乗った。右の( )は生年没年


初代:広岡久右衛門正教まさのり(冨政)(1603年~1680年)
2代:広岡久右衛門正保まさやす(正吉)(1649年~1703年)
3代:広岡久右衛門正道まさみち(正中)(1687年~1720年)
4代:広岡久右衛門正喜まさのぶ(吉信)(1689年~1765年)
5代:広岡久右衛門正房まさふさ(1742年~1783年)
6代:広岡久右衛門正誠まさよし(1774年~1833年)
7代:広岡久右衛門正愼まさちか(1791年~1840年
8代:広岡久右衛門正饒まさあつ(1806年~1869年)
9代:広岡久右衛門正秋(1844年~1909年)※加島銀行初代頭取、大同生命初代社長
10代:広岡久右衛門正直(1890~1978年)※日本ゴルフ協会の理事


■加島屋は、鴻池(こうのいけ)屋と並び、江戸時代に経済の中心であった大坂を代表する大商人であった

■寛永の頃から大坂御堂前で米問屋を始め、両替商も兼営した。のちに「十人両替」に任命された。諸藩の蔵元・掛屋になり、大名貸で鴻池家と並び称された

■加島屋は「天下の台所」と言われる大坂で、多くの諸藩の御用を務めた豪商。その商いには、大きく三つあった。一つは、堂島米会所で米の売買を行う米仲買への事業資金の融資(いわゆる「入替両替」)。次に、御用を務める諸藩の蔵屋敷の管理人(いわゆる「蔵元」「掛屋」)。そして、最も大きな商いである諸藩への融資(いわゆる「大名貸し」)である

■明治維新には新政府に援助をするなどして、加島銀行を設立したが昭和恐慌により廃業した
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR