ラサ工業株式会社

ラサ工業の歴代社長


恒藤規隆(創業者)※地質学者。日本最初の農学博士の一人

関水和式
三橋義治( ~2001年6月)
大井厚博(2001年6月~2006年6月)
柳万雅徳(2006月6月~2011年6月)
庄司宇秀(2011年6月~ )


■ラサ工業株式会社は、日本の化学メーカーである

■祖業である肥料・鉱山・製錬・硫酸事業からは撤退しており、化成品、機械、電子材料を軸として事業を展開している

■本社所在地:東京都中央区京橋一丁目1番1号

■創業年月日:大正2年5月1日

■設立年月日:大正7年6月26日

■市場情報:東証1部

■事業内容:化成品、機械、電子材料


略歴・経歴(プロフィール)
■恒藤規隆(つねとう・のりたか)
【1857年~1938年】肥料の原料となる燐鉱を探して各地を調査し、沖大東島(ラサ島)で糞化石質燐鉱石(グアノ)を発見したことで知られる。大分県出身。駒場農学校(現東大農学部)卒業。農商務省でフェスカについて土性調査をおこなう。明治32年日本最初の農学博士。34年肥料鉱物調査所初代所長。退官後、ラサ燐鉱をおこし社長。土性図作成を指導し、「日本土壌論」にまとめた


略歴・経歴(プロフィール)
■庄司宇秀(しょうじ・たかひで)
日本の経営者。ラサ工業株式会社社長。宮城県出身。1971年 中大商卒業、ラサ工業入社。2006年 取締役、2010年 常務。2011年6月29日 社長に就任
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR