山口組 組長

山口組の歴代組長


初代:山口春吉(1915年~1925年)
2代:山口登(1925年~1942年)※山口春吉の実子
3代:田岡一雄(1946年~1981年)
4代:竹中正久(1984年~1985年)※竹中組組長
5代:渡辺芳則(1989年~2005年)※二代目山健組組長
6代:司忍(2005年~ )※弘田組組長、二代目弘道会総裁


略歴・経歴(プロフィール)
■山口春吉(やまぐち・はるきち)
【1881年~1938年】山口組初代組長。兵庫県津名郡仮屋浦(町村制後:来馬村、現:淡路市仮屋)出身。1910年頃まで淡路島で漁師をしていたが、これに見切りを付け神戸港に労務者として移住した


略歴・経歴(プロフィール)
■田岡一雄(たおか・かずお)
【1913年~1981年】実業家。山口組三代目組長。甲陽運輸社長、芸能事務所・神戸芸能社社長、日本プロレス協会副会長。田岡満、田岡由伎の父(子は異母兄弟)。1913年、徳島県三好郡三庄村(のち三加茂町、現東みよし町)大字西ノ庄高木の貧しい小作農家の家に生まれた。出身校:兵庫尋常高等小学校高等科
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR