村田製作所

村田製作所の歴代社長


初代:村田昭(創業者)
2代:村田泰隆(昭の長男)
3代:村田恒夫(昭の三男)


■株式会社村田製作所は、京都府長岡京市に本社を置く電子部品の製造ならびに販売をおこなう企業である

■電子部品専業メーカーとしては日本トップクラスに位置している

■村田製作所はセラミックコンデンサーや通信用部品で約4割の世界シェアを持つ

■セラミック材料や生産設備を内製しブラックボックスにして部品の小型・高性能化などで他社に大きく先行してきた


村田昭(むらた・あきら)経歴(プロフィール)
【1921年~2006年】村田製作所創業者。京都市生まれ。昭和8年、京都市立第一商業に入学するが、肺結核で中途退学。回復後、実業の清水焼を継ぐ。昭和19年、村田製作所を創業。戦後、セラミックコンデンサーで世界トップの総合部品メーカーに育て上げた。平成3年から会長。東証1部上場。平成5年、勲二等瑞宝章。著書に「私の履歴書」(日本経済新聞連載、平成5年7月)。84歳で没


村田恒夫(むらた・つねお)経歴(プロフィール)
日本の経営者。村田製作所3代目社長。1951年8月13日生まれ。京都府出身。1974年に同志社大学経済学部卒業。村田製作所に入社。ドイツ販売の取締役などを経て1989年取締役。常務取締役、専務取締役、取締副社長などを経て2007年に社長に就任
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR