ヤマト運輸

ヤマト運輸歴代社長


初代:小倉康臣(1919年~1971年)
2代:小倉昌男(1971年~1987年)
3代:都築幹彦(1987年~1991年)
4代:宮内宏二(1991年~1997年)
5代:有富慶二(1997年~2003年)
6代:山崎篤(2003年~2005年)
7代:有富慶二(2005年~2006年)
8代:小倉康嗣(2006年~2007年)
9代:木川眞(2007年~2011年)
10代:山内雅喜(2011年~2015年)
11代:長尾裕(2015年~)


■ヤマト運輸株式会社は、日本の宅配便事業を行う企業である。ヤマトホールディングス株式会社の中核事業会社で、100%出資子会社

■2005年 ヤマト運輸株式会社のすべての事業を会社分割によりヤマト運輸分割準備会社へ分割し、純粋持株会社へ移行。ヤマト運輸株式会社は、ヤマトホールディングス株式会社へ。ヤマト運輸分割準備会社は、ヤマト運輸株式会社へそれぞれ商号変更した

■創業者の小倉康臣。1919年(大正8年)が、東京・銀座でトラック4台を保有する輸送会社を設立したのがはじまり。戦前には近距離路線の輸送で成功し、「日本一のトラック運送会社」といわれた


■社訓1931年12月創業者の小倉康臣が制定
一、ヤマトは我なり
一、運送行為は委託者の意思の延長と知るべし
一、思想を堅実に礼節を重んずべし


■経営理念
ヤマトグループは、社会的インフラとしての宅急便ネットワークの高度化、より便利で快適な生活関連サービスの創造、革新的な物流システムの開発を通じて、豊かな社会の実現に貢献します
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR