株式会社ナガセ

ナガセの歴代社長


永瀬昭幸(創業者で社長)


■株式会社ナガセは、「東進ハイスクール」「東進衛星予備校」「四谷大塚」「イトマンスイミングスクール」などの教育事業を行う日本の企業である

■本社所在地:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-29-2

■設立:1976年5月10日

■売上高2014年3月期(連結業績)39,841百万円

■1971年 3月 永瀬昭幸、自宅アパートで「ナガセ進学教室」をスタート

■1976年 3月 東京都武蔵野市に「東京進学教室」開設

■1986年12月 株式会社ナガセと株式会社ナガセ進学センターが合併

■1988年12月 株式を店頭公開


略歴・経歴(プロフィール)
■永瀬昭幸(ながせ・あきゆき)
「東進ハイスクール」「東進衛星予備校」「四谷大塚」「イトマンスイミングスクール」などの教育事業を行う株式会社ナガセの創業者。1948年生まれ。鹿児島県垂水市出身。ラサール中学、高校(16期)から東京大学経済学部に。在学中、ナガセ進学教室を開設。卒業後、野村證券勤務を経て、学習塾経営のために退社
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日本の内燃機関に展望

島根大学の客員教授である久保田邦親博士らが境界潤滑の原理をついに解明。名称はCCSCモデル「通称、ナノダイヤモンド理論」は開発合金Xの高面圧摺動特性を説明できるだけでなく、その他の境界潤滑現象にかかわる広い説明が可能で、更なる機械の高性能化に展望が開かれたとする識者もある。幅広い分野に応用でき今後潤滑油の開発指針となってゆくことも期待されている。
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR