杉本青果店

杉本青果店の歴代代表


初代:杉本修三( ~1985年)
2代:杉本晃章(1985年~ )※修三の長男

※1985年 父より営業権を譲渡される


■杉本青果店は東京の下町・北千住にある「日本一おいしい野菜を知る」と言われる八百屋である

■杉本青果店の所在地:東京都足立区千住旭町13-10

■驚異の眼力によって選び抜かれた極上の野菜や果物を求めて、わずか15坪の店に客が連日押し寄せる

■「『旬』を見極める事が本当に美味しい野菜・果物を選ぶポイント。しかし、栽培方法、品種、産地、天候を知らなくては『旬』は見極められない。また、夏野菜や秋野菜というが、旬の時期は10日だけ」と語る


杉本晃章(すぎもと・てるあき)略歴
1966年より八百屋一筋。杉本青果店2代目代表。1947年12月東京千住に八百屋の長男として生まれる。都立荒川工業高校電気科卒業。1985年 父より営業権を譲渡される。2005年7月(財)食品流通改善機構より”匠の店”の称号をいただく。「八百屋塾」実行委員長として八百屋の二代目、三代目に真の野菜の姿、野菜・果物の持つ特性、その素晴らしさを伝える事に傾注している。執筆・書籍「菜果フォーラム 果物の香り(社)日本青果物輸入安全推進協会」「あなたは本当に美味しい野菜を食べていますか?竹書房」「私の視座 朝日新聞」「まんがくらぶオリジナル 教えて!杉本師匠!!竹書房」など。2015年7月NHKプロフェッショナルに出演
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR