日清食品

日清食品歴代社長

初代:安藤百福(創業者)
2代:安藤宏寿(百福の長男)
3代:安藤百福
4代:安藤宏基(百福の次男。日清食品ホールディングス社長・CEO)


■安藤百福(日清食品創業家)家系図
http://bit.ly/1cmylxM

■昭和56年、社長の座を長男の宏寿(ひろとし)に譲り、自らは会長に退くが、その2年後の昭和58年、宏寿が経営方針の相違から社長を退任したため、百福が会長兼任で再び社長に復帰した。昭和60年6月に次男の宏基(こうき)が社長に就任し再び会長専任となった

■2008年10月1日、日清食品株式会社が持株会社制移行に伴い「日清食品ホールディングス株式会社」へ社名変更。グループ会社として新会社「日清食品株式会社」設立

■安藤百福(あんどう・ももふく)経歴(プロフィール)
【1910年~2007年】日清食品創業者。台湾・台南県生まれ。立命館大学専門部卒。昭和23年中交総社を設立して社長に就任。このあと、信用組合理事長等を兼任。昭和33年即席ラーメンの発売を機に日清食品に社名変更。昭和56年から会長。東証一部上場。著書に「自伝・奇想天外の発想」

■安藤宏基(あんどう・こうき)経歴(プロフィール)
日清食品ホールディングス株式会社代表取締役社長(CEO)を務める。慶應義塾評議員。創業者である安藤百福の次男。1947年10月7日生まれ。大阪出身。慶應義塾大学商学部卒業後、米国コロンビア大学を経て日清食品に入社。1985年6月、父が改めて会長に退くと37歳の若さで社長に就任。「打倒カップヌードル」をスローガンに社内活性化に取り組み、ブランド・マネージャー制度による競争構造を導入するなど、大胆な社内改革を数多く行った
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR