ノリタケカンパニーリミテド

ノリタケカンパニーリミテドの歴代社長


創業者:森村市左衛門(森村財閥創始者)
初代:大倉和親(1917年~1922年)

杉本悌二郎(1977年~1982年)
倉田隆文(1982年~1987年)
佐伯進(1987年~1993年)
岩崎隆(1999年6月~2004年6月)
赤羽昇(2004年6月~2008年6月)
種村均(2008年6月~2013年6月)
小倉忠(2013年6月~  )


■株式会社ノリタケカンパニーリミテドは、愛知県名古屋市西区に本社・工場を置く世界最大級の高級陶磁器・砥石メーカーである

■環境エンジニアリング事業も手がけている

■「ノリタケ」とは、創業地である愛知県愛知郡鷹場村大字則武(現・名古屋市中村区則武)に由来する


略歴・経歴(プロフィール)
■森村市左衛門(もりむら・いちざえもん)
1839年~1919年(天保10年~大正8年)森村財閥(現・TOTO、INAX、日本ガイシ、日本特殊陶業、ノリタケ)創業者。江戸生まれ。商家奉公ののち唐物商、製塩業、物産販売、洋服店等々の商売に従事。明治8年に貿易商森村組を創業。ニューヨークに日の出商会を開設し日米貿易の先駆者となった。著書に「独立自営」79歳で没


略歴・経歴(プロフィール)
■大倉和親(おおくら・かずちか)
【1875年~1955年】明治期の実業家。日本陶器合名会社(現・ノリタケカンパニーリミテド)初代社長。東洋陶器(現・TOTO)や日本碍子の社長、伊奈製陶株式会社会長も務めた。東京日本橋生まれ、慶應義塾幼稚舎に学び、1894年慶應義塾本科を卒業。イーストマン・ビジネスカレッジ(商業夜学校)修了。79歳で死去


略歴・経歴(プロフィール)
■小倉忠(おぐら・ただし)
日本の経営者。株式会社ノリタケカンパニーリミテド社長。岐阜県出身。1975年 名古屋大院修了。日本陶器(現ノリタケカンパニーリミテド)入社。2005年 取締役。2011年 副社長。2013年6月27日 社長に就任
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR