株式会社明電舎

明電舎の歴代社長


初代:重宗芳水(創業者)
3代:2代重宗芳水(1931年就任)

瀬古茂男
片岡啓治
稲村純三(2008年~2013年)
浜崎祐司(2013年~  )


■株式会社明電舎(めいでんしゃ)は、東京都品川区に本社を置く電気機器メーカーである

■重電機器およびシステム、水処理システム、産業システム機器などを手がける

■自動車開発用試験装置で国内首位

■重電9社(日立製作所、パナソニック、東芝、三菱電機、富士電機、明電舎、日新電機、ダイヘン、東光高岳)の一角。また、準大手重電3社(富士電機、明電舎、日新電機)の一角


略歴・経歴(プロフィール)
■重宗芳水(しげむね・ほうすい)
【1873年~1917年】明治、大正時代の実業家。株式会社明電舎創業者。明治6年7月11日生まれ。旧姓は江木。山口県出身。東京工手学校卒。三吉電機工場勤務をへて、明治30年東京築地で明電舎を創立。三相交流発電機、柱上変圧器などで業績をのばす。大正元年棚倉電気を創立して電灯分野に進出。大正6年 明電舎を株式組織にして初代社長となる。大正6年12月30日死去。45歳
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR