臨床研究総合センター

臨床研究総合センターの歴代センター長


髙橋良輔(臨床研究総合センター センター長)


■京都大病院臨床研究総合センターは企業治験の受託にとどまらず、医師主導治験・臨床研究の準備・運営・実施にいたるすべての局面において、共同作業・情報交換・人材育成を行い、質の高い臨床研究が行えるよう目指している

■所在地は京都市左京区

■臨床研究総合センターの創設
2012年6月、京都大学医学部附属病院は厚生労働省より、基礎研究、開発段階の臨床研究から市販後の臨床研究までの一連の流れと、そこから新たな基礎研究につながるというイノベーションの循環の中で、医薬品、医療機器等の研究開発を推進し、医療の質に向上につなげていくための拠点、「臨床研究中核病院」として選定された


沿革
■1999年4月 治験管理センターを創設 (院内措置)

■2001年2月 EBM共同研究センターを創設

■2001年4月 探索医療センターを創設

■2001年10月 疫学研究情報管理学講座 (支援講座)設立 (2006年9月まで)

■2001年12月 探索医療検証部 研究開始

■2002年11月 探索医療臨床部 研究開始

■2007年5月 EBM共同研究センターの名称をEBM研究センターに変更

■2009年10月 EBM研究プロジェクトの設置 (2011年9月まで)

■2012年6月 厚生労働省「臨床研究中核病院」に選定

■2013年4月 臨床研究総合センターを創設
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR