大日本印刷株式会社

大日本印刷の歴代社長


佐久間貞一(創業者。前身となる秀英舎を設立)
保田久成(秀英舎2代目社長)※貞一の義兄
増田義一(1935年社長就任) ※秀英舎と日清印刷が合併、社名を大日本印刷
北島織衛( ~1979年)※大日本印刷中興の祖
北島義俊(1979年~  )※北島織衛の長男


■秀英舎(後の大日本印刷)は1876年、佐久間貞一を中心に宏仏海、大内青巒、保田久成が共同出資して、活版での印刷会社として東京京橋の弥左衛門町に創立された

■秀英舎は「英国より秀でる」という思いから付けられた

■1935年 秀英舎と日清印刷が合併、社名を大日本印刷へ変更した


略歴・経歴(プロフィール)
■佐久間貞一(さくま・ていいち)
【1848年~1898年】明治の実業家。印刷・出版業の先駆者。大日本印刷株式会社の創業者。戊辰戦争に際し彰義隊に参加。明治維新後事業を志す。活版印刷所・秀英舎(後の大日本印刷)を創立。西洋式製版所の生巧館、大日本図書株式会社を起こすなど、印刷・出版業界の草分けとなり、多くの事業に参加した


略歴・経歴(プロフィール)
■北島義俊 (きたじま・よしとし)
日本の経営者。大日本印刷株式会社の社長を長年務める。1933年8月25日生まれ。父親は大日本印刷中興の祖の北島織衛。慶應義塾大学経済学部卒業。富士銀行(現・ミズホ)入行。1963年 大日本印刷入社。1979年12月 社長就任。2014年4月 東京医科歯科大学 経営協議会学外委員就任
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR