吉本興業株式会社

吉本興業の歴代社長


初代:吉本せい(1932年~1948年)
2代:林正之助(1948年~1963年)
3代:林弘高(1963年~1970年)
4代:林正之助(1970年~1973年)
5代:橋本鐡彦(1973年~1977年) 
6代:八田竹男(1977年~1986年)
7代:林正之助(1986年~1991年)
8代:中邨秀雄(1991年~1999年)
9代:林裕章(1999年~2006年)※社長空席(2004年~2005年)
10代:吉野伊佐男(2006年~2009年)
11代:大崎洋(2009年~  )


■吉本興業株式会社(よしもとこうぎょう)は、大阪府大阪市中央区(登記上の本店)と東京都新宿区に本社を置く、マネジメント、プロモーター、テレビ・ラジオ番組製作、演芸の興行等をグループで行う吉本興業グループの持株会社である

■1912年 現・吉本興業を、吉本吉兵衛・せいの夫婦で創業。天満八軒のひとつ「第二文芸館」を入手、寄席経営の第一歩を踏み出したのが始まりである



略歴・経歴(プロフィール)
■吉本せい(よしもと・せい)
【1889年~1950年】吉本興業創業者。兵庫県明石市生まれ。19歳で大阪・船場の荒物問屋に嫁いだ。せいが夫の吉本吉兵衛と2人で寄席興業の経営に乗り出すと、これが思わぬ人気を呼んだため、寄席を次々と買収。一大寄席チェーンを形成した。せいは夫の死後も実弟とともに、漫才スタイルを確立したとされるエンタツ・アチャコを始め、数々の芸人を世に送り出し、1948年、吉本興業株式会社の会長に就任。日本演芸界屈指の名プロジューサーとして名を馳せた


略歴・経歴(プロフィール)
■林正之助(はやし・しょうのすけ)
【1899年~1991年】日本の経営者。興行師、芸能プロモーター、吉本興業社長、会長を歴任。兵庫県明石市で生まれる。出身は大阪府大阪市北区。1917年、18歳の時に吉本興業の前身、吉本興行部に総監督として入社し19歳で総監督となる。1948年に吉本興業合名会社が株式会社に改編されたのを機に初代の社長に就任した
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR