日本生命

日本生命の歴代社長


創業者:弘世助三郎(1889年に設立)

初代:10代鴻池善右衛門(1889年7月~1903年)
2代:片岡直温(1903年~ ?)
3代:弘世助太郎(1928年12月~1936年3月)※弘世助三郎の長男
4代:成瀬達(1936年3月~1948年)
5代:弘世現(1948年~1982年)※弘世助太郎の娘婿。成瀬達は実兄
6代:川瀬源太郎(1982年~1989年7月)
7代:伊藤助成(1989年7月~1997年4月)
8代:宇野郁夫(1997年4月~2005年4月)
9代:岡本圀衞(2005年4月~2011年3月)
10代:筒井義信(2011年4月~   )


■日本生命保険相互会社(にほんせいめいほけん)は、日本の生命保険会社である

■1889年(明治22年)に創業した、日本で3番目に古い生命保険会社である

■会社形態は相互会社であり、株式会社ではない。株式を発行していないので、同社には株主がいない


略歴・経歴(プロフィール)
■弘世助三郎(ひろせ・すけさぶろう)
【1843年~1913年】日本の実業家、政治家。旧姓川添。第百三十三国立銀行頭取、日本生命保険の創業者。近江国彦根(現在の滋賀県彦根市)に素封家・川添家の次男として生まれ、おじに当たる商人弘世助市の養嗣子となる。第百三十三国立銀行が創立されると、その取締役支配人に挙げられ、のちに頭取に就任。1886年に滋賀県会議員に当選。1889年、鴻池善右衛門や岡橋治助ら関西財界の重鎮の協力を取り付け、有限責任日本生命会社を創設した


略歴・経歴(プロフィール)
■弘世現(ひろせ・げん)
【1904年~1996年】日本生命中興の祖。成瀬隆蔵の6男として東京に生まれる。このうち長男の成瀬達が日本生命四代目社長。三男の成瀬雄吾は元第一火災海上社長。東京帝国大学経済学部卒業。卒業と同時に弘世家の婿養子となる。最初に三井物産に入社。そこで16年間過ごし、1944年日本生命の取締役として転身。44歳の時、5代目社長として1982年まで35年間にわたり社長を務めた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR