セイコーホールディングス

セイコーHDの歴代社長


初代:服部金太郎(1917年~1934年)
2代:服部玄三(1934年~1946年)
3代:服部正次(1946年~1974年)
4代:服部謙太郎(1974年~1983年)
5代:服部禮次郎(1983年~1987年)
6代:吉村司郎(1987年~1991年)
7代:関本昌弘(1991年~1997年)
8代:井上仲七(1997年~2001年)
9代:村野晃一(2001年~2010年)
10代:服部真二(2010年~2012年)
11代:中村吉伸(2012年~  )


■セイコーホールディングス株式会社は、東京都港区に本社を置くセイコーグループの中心会社である

■商号変更
・服部時計店(1917年)
・服部セイコー(1983年)
・セイコー(1997年)
・セイコーホールディングス(2007年)


略歴・経歴(プロフィール)
■服部金太郎(はっとりきんたろう)
【1860年~1934年】セイコー創業者。世界の時計王。江戸京橋の古道具屋に生まれる。明治6年、13歳で唐物屋に奉公。明治7年、亀田時計店に移り、時計工として修膳販売を修行する。明治14年、独立して服部時計店を開業。明治20年、銀座4丁目に進出。明治25年、精工舎を設立。時計の製造を本格的に開始し、「セイコー」のブランドを創設。明治28年、日本初の掛け時計を製造。大正14年、腕時計の量産化に成功。昭和5年、私費を投じて財団法人・服部報公会を設立。昭和7年、銀座に時計塔が完成。73歳で没
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR