大王製紙株式会社

大王製紙の歴代社長


初代:井川伊勢吉(1943年~1987年6月)※創業者
2代:井川高雄(1987年6月~1995年)※井川伊勢吉の息子
3代:大沢保(1995年~2001年6月)
4代:二神勝利(2001年6月~2007年6月)
5代:井川意高(2007年6月~2011年6月)※井川高雄の長男
6代:佐光正義(2011年6月~  )


■大王製紙株式会社(だいおうせいし)は、日本の独立系大手製紙メーカーである

■とりわけ、家庭用品「エリエール」のブランドで知られる

■設立:1943年(昭和18年)5月5日

■四国本社:愛媛県四国中央市三島紙屋町2-60

■東京本社:東京都中央区八重洲2-7-2


略歴・経歴(プロフィール)
■井川伊勢吉(いかわ・いせきち)
【1909年~1990年】大王製紙創業者。11月7日宇摩郡三島村(現四国中央市)に生まれる。昭和3年、三島で製紙原料商開始。昭和15年、丸菱製紙所社長に就任し、製紙業へ参入。昭和16年、四国紙業株式会社を建て、大王製紙の母体となる製紙工場づくりに着手。昭和18年、大王製紙株式会社を設立し社長に就任。昭和39年、大王製紙が倒産の危機に陥り、昭和37年に会社更生法適用の申請をしており、責任を取って社長退陣。昭和40年、会社更正手続終結。社長復帰。昭和62年、代表取締役会長に就任。80歳で没


略歴・経歴(プロフィール)
■井川高雄(いかわ・たかお)
日本の経営者。大王製紙2代目社長。昭和12年、愛媛県生まれ。昭和37年、慶應義塾大学文学部卒業。昭和37年4月大王製紙㈱入社。昭和37年5月会社更生法を申請、関係会社に出向。昭和40年4月会社更生手続終結、大王製紙に戻る。昭和62年社長、平成7年会長。父・伊勢吉は、新聞用紙、段ボール原紙中心の事業を行ったが、ティッシュ(エリエール)の生産、ゴルフ場経営、レストラン事業、エンジニアリング会社の創設など、新規事業を推進した


略歴・経歴(プロフィール)
■井川意高(いかわ・もとたか)
日本の経営者。大王製紙5代目社長。昭和39年生まれ。東京都出身。昭和62年、東京大学法学部卒業、大王製紙㈱入社。平成2年7月三島工場次長。平成18年4月名古屋パルプ㈱代表取締役社長、平成19年6月大王製紙㈱代表取締役社長。会長。平成23年9月会長辞任
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR