フジ・メディア・ホールディングス

フジ・メディアHDの歴代社長


初代:水野成夫(1957年~1964年)
2代:鹿内信隆(1964年~1968年)
3代:浅野賢澄(1968年~1982年)
4代:石田達郎(1982年~1985年)
5代:羽佐間重彰(1985年~1988年6月)
6代:日枝久(1988年6月~2001年6月)
7代:村上光一(2001年6月~2007年6月)
8代:豊田皓(2007年6月~2013年6月)
9代:太田英昭(2013年6月~2015年)
10代:嘉納修治(2015年~2017年)
11代:宮内正喜(2017年~ )


■株式会社フジ・メディア・ホールディングスは、日本有数のメディア・コングロマリットであるフジサンケイグループの事業を統括する(主要株主である文化放送をはじめ一部グループの事業は除く)持株会社である

■設立:1957年11月18日(株式会社富士テレビジョンとして設立登記)

■株式会社富士テレビジョンは株式会社ニッポン放送と株式会社文化放送の2社に映画3社(東宝㈱、松竹㈱、大映㈱)が加わり「富士テレビジョン」として、テレビ免許を申請

■1958年 株式会社フジテレビジョンに社名変更

■2008年10月1日、テレビジョン放送免許を含む現業部門一切と商号を、新設会社である株式会社フジテレビジョンに分割・承継し、残った企業統括部門を現商号に変更した


略歴・経歴(プロフィール)
■鹿内信隆(しかない・のぶたか)
【1911年~1990年】日本の実業家。フジサンケイグループ会議初代議長。箱根にある彫刻の森美術館館長。北海道の夕張で生まれる。早稲田大学政経学部卒業後、倉敷絹織(現・クラレ)に就職。1943年、日本電子工業取締役。戦後の1948年に日経連(現・経団連)専務理事・事務局長となる。1954年から放送、新聞界に転じ、ニッポン放送、フジテレビ、サンケイ新聞各社の社長を歴任した


略歴・経歴(プロフィール)
■嘉納修治(かのう・しゅうじ)
日本の経営者。株式会社フジ・メディア・ホールディングスの10代目社長。兵庫県出身。1972年 慶大経卒業。フジテレビジョン入社。2001年に取締役。2013年 フジ・メディア・ホールディングス副社長。2015年 社長に就任
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR