旭硝子株式会社

旭硝子の歴代社長


岩崎俊弥(創業者。三菱財閥2代目当主・岩崎弥之助の次男)
石津進也(1998年~2004年)
門松正宏(2004年~2008年)
石村和彦(2008年~2014年)
島村琢哉(2015年1月1日社長兼最高経営責任者(CEO)に就任)


■旭硝子(あさひがらす)は、世界最大手ガラスメーカーである

■三菱グループの一員。現在の製品は建築用ガラス、フッ素化学製品

■1907年に岩崎俊弥(三菱財閥の2代目総帥・岩崎弥之助の次男)によって創業(現兵庫県尼崎市)された


略歴・経歴(プロフィール)
岩崎俊弥(いわさき・としや)
【1881年~1930年】日本の実業家。旭硝子の創業者。三菱財閥2代目当主・岩崎弥之助の次男として東京府(現・東京都)に生まれた。三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎は伯父にあたる。ロンドン大学に留学して応用化学を専攻。1907(明治40)年に旭硝子を設立し、日本で初めて板ガラスの製造に成功した


略歴・経歴(プロフィール)
石村和彦(いしむら・かずひこ)
日本の経営者。旭硝子社長。兵庫県出身。東京大学産業機械工学科修士課程修了。旭硝子に入社。エンジニアリング部設備技術研究所硝子グループリーダー、旭硝子ファインテクノ社長、旭硝子関西工場長、執行役員、エレクトロニクス&エネルギー事業本部長、上席執行役員などを経て、社長兼COO(最高執行責任者)に就任
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR