株式会社日立製作所

日立製作所の歴代社長


初代:小平浪平(1929年~1947年)
2代:倉田主税1947年~1961年)
3代:駒井健一郎(1961年~1971年)
4代:吉山博吉(1971年~1981年)
5代:三田勝茂(1981年~1991年)
6代:金井務(1991年~1999年)
7代:庄山悦彦(1999年~2006年)
8代:古川一夫(2006年~2009年)
9代:川村隆(2009年~2010年)
10代:中西宏明(2010年~2014年)
11代:東原敏昭(2014年~)


■株式会社日立製作所は、日本最大の総合電機メーカー

■大手電機8社(日立製作所、パナソニック、東芝、三菱電機、ソニー、シャープ、NEC、富士通)の一角

■また、大手重電3社(日立製作所、東芝、三菱電機)の一角

■設立:1920年(大正9年)2月1日

■1920年~1928年は社長空席


略歴・経歴(プロフィール)
小平浪平(おだいら・なみへい)
1874年~1951年(明治7年~昭和26年)日立製作所創業者。栃木県下都賀郡中村生まれ。東京帝大工科大学電気科卒。藤田組小坂鉱山、広島水力電気、東京電燈を経て、明治39年1月、久原鉱業所日立鉱山工作課長。明治43年、国産第一号の電動機試作に成功。大正9年、株式会社日立製作所設立で専務に就任し、昭和4年同社社長。77歳で没


略歴・経歴(プロフィール)
倉田主税(くらたちから)
1889年~1969年(明治22年~昭和44年)日立製作所元社長。福岡県生まれ。仙台高等工業学校卒。昭和22年、日立製作所社長に就任。日立の経営再建に尽力し、日立の中興の祖となる。昭和36年から42年まで会長。この間、日本科学技術振興財団会長等の要職を歴任。また東京モノレール他を設立。80歳で没


略歴・経歴(プロフィール)
川村隆(かわむら・たかし)
日本の経営者。株式会社日立製作所の9代目社長。経団連副会長を務めた。1939年北海道で生まれる。東京大学工学部電気工学科卒業。日立製作所に入社。電力など重電畑を歩む。日立工場長。1999年に代表取締役副社長。子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任。2007年に日立本体の取締役を退任。2009年に日立本社の会長兼社長に就任。グループ会社に退いた実力者が本体トップに呼び戻される異例の人事だった
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR