株式会社土屋ホールディングス

0 -
土屋ホールディングスの歴代社長


初代:土屋公三(1976年9月~2001年)
2代:川本謙(2001年11月~ )
土屋昌三(2008年11月~ )


■株式会社土屋ホールディングス(つちやホールディングス)は北海道札幌市に本社を置く住宅メーカー、株式会社土屋ホームを子会社に持つ

■グループ企業
・株式会社土屋ホーム
・株式会社土屋ホームトピア
・株式会社土屋ホーム不動産

■1969年6月、土屋商事創業

■1976年9月、資本金300万円で株式会社丸三土屋建設設立

■1996年、資本金71億1,481万円とし、東証第二部、札証に株式上場


※創業者の土屋公三は高校の先生から「これからは電化製品の時代だ、電器の時代だ。大阪に松下電器という初代の経営の素晴らしい企業がある。その会社を受けなさい」と言われ、就職試験を受けた。先生は絶対合格すると保証してくれたが落ちてしまう。しかし、その後、松下幸之助の講演を聞き、松下幸之助の本を数十冊読み、何百巻のテープを聞き経営に活かしてきた。また、土屋ホームは経営理念、経営方針が明確であり、人材育成にもの凄く力を入れている企業である。
(参考文献:『生きがい、やりがいを育てる』)


略歴・経歴(プロフィール)
■土屋公三(つちや・こうぞう)
日本の実業家。北海道を本拠とする住宅メーカー「土屋ホーム」の創業者。1941年、北海道札幌市で生れる。札幌啓北商業高校を卒業
ページトップ