JR北海道

JR北海道の歴代社長


初代:大森義弘(1987年4月~1996年)
2代:坂本眞一(1996年~2003年6月)
3代:小池明夫(2003年6月~2007年6月)
4代:中島尚俊(2007年~2011年)
5代:小池明夫(2011年~2013年)※中島尚俊の死亡に伴い、社長に復帰
6代:野島誠(2013年~2014年)
7代:島田修(2014年~ )


■北海道旅客鉄道株式会社(ほっかいどうりょかくてつどう) は、1987年4月1日に日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つである

■本社所在地は札幌市中央区。通称はJR北海道(ジェイアールほっかいどう)


略歴・経歴(プロフィール)
■大森義弘(おおもり・よしひろ)
日本の経営者。JR北海道初代社長。北海道経済同友会の代表幹事などを歴任。1955年に国鉄入社、北海道総局長などを経て、1987年に国鉄の分割民営化に伴い発足したJR北海道の初代社長に就任。9年にわたって社長を務めた。1996年に社長を退任後、会長や相談役などを歴任
スポンサーサイト

イビデン株式会社

イビデンの歴代社長


初代:立川勇次郎(1912年11月~1925年)※創業者
2代:桜内幸雄(1925年~1926年)
3代:田中徳次郎(1926年~1928年)※ 東邦電力の傘下に入る
4代:久留島政治(1937年~1942年)※社長不在状況が終了する
5代:宮寺敏雄(1942年~1962年)
6代:須崎潔(1962年~1973年)
7代:矢橋浩吉(1973年~1981年)
8代:多賀潤一郎(1981年~1991年)
9代:遠藤優(1991年~1999年)
10代:岩田義文(1999年6月~2007年4月)
11代:竹中裕紀(2007年4月~ )


■イビデン株式会社は、岐阜県大垣市に本社をおくICパッケージ、プリント基板などの電子関連製品、セラミックス製品などを扱う企業である

■本社所在地:岐阜県大垣市神田町2丁目1番地

■市場情報:東証1部


略歴・経歴(プロフィール)
■立川勇次郎(たちかわ・ゆうじろう)
【1862年~1925年】明治・大正期の実業家。主に電気業界に関わる。京浜急行電鉄の創業者。1912年、大垣を中心とした西濃地区の電力供給を目的として、揖斐川電力(現イビデン)設立。初代社長となる。岐阜県大垣市出身

株式会社ダイドーリミテッド

ダイドーリミテッドの歴代社長


栗原イネ(創業者)

田口正幸( ~2013年5月)
大川伸(2013年5月~ )


■株式会社ダイドーリミテッドは、日本のアパレルメーカーである

■事業内容:衣料品および衣料品原料の製造販売、不動産賃貸事業

■本社所在地:東京都千代田区外神田三丁目1番16号

■創業:1879年

■設立:1949年10月17日

■市場情報:東証1部


略歴・経歴(プロフィール)
栗原イネ(くりはら・イネ)
【1852年~1922年】女性実業家。現ダイドーリミテッドの創業者。栃木県出身。1879年、製織事業を開始。1918年、栗原紡織合名会社を設立、英式トップ設備を据え紡織一貫工程を確立。女手ひとつで趣向をこらした織物をつくり事業を発展させた


略歴・経歴(プロフィール)
大川伸(おおかわ・しん)
日本の経営者。株式会社ダイドーリミテッド社長を歴任。1949年1月12日生まれ。宮城県出身。1974年、東北大経済学部卒業、大同毛織(現ダイドーリミテッド)入社。経営企画室長。2003年 取締役。2013年5月7日 社長に就任

富士屋ホテル

富士屋ホテルの歴代社長


初代:山口仙之助(1893年~1914年)※創業者
2代:山口脩一郎(1914年就任)※仙之助の長男
3代:山口正造(仙之助の長女の夫で金谷ホテル創業者・金谷善一郎の次男)
4代:山口堅吉(1947年就任。仙之助の長女の夫。最後の同族社長)

勝俣伸(2014年~ )


■富士屋ホテルチェーン(ふじやホテルチェーン)は、国際興業グループに属しているホテルチェーンの総称である。運営会社は、富士屋ホテル株式会社である

■1878年(明治11年)、山口仙之助が富士屋ホテルを個人経営として創業する

■1893年(明治26年)、富士屋ホテル株式会社を設立登記。山口仙之助が社長に就任


略歴・経歴(プロフィール)
山口仙之助(やまぐち・せんのすけ)
【1851年~1915年】日本の実業家。富士屋ホテル創業者。漢方医を家業とする大浪昌随の五男として武蔵国橘樹郡大根村(現神奈川県横浜市神奈川区青木町)に生まれた

昭光通商株式会社

昭光通商の歴代社長


渡辺恒久
西本浩( ~2011年3月)
坂井伸次(2011年3月~2014年3月)
宮崎孝(2014年3月~2017年3月)
稲泉淳一(2017年3月~ )


■昭光通商株式会社(しょうこうつうしょう)は、東京都港区に本社を置く商社である

■昭和電工グループ中核商社で化学品、樹脂、金属、電子材料、マンションなどを多展開

■設立年月日:1947年5月28日

■市場情報:東証1部

■事業内容
・有機化学品、無機化学品、合成樹脂原料・製品、肥料、農業資材、特殊化学品、軽金属、非鉄金属、金属材料、セラミックス、人造黒鉛電極、水・畜産物、 土木・建築用資材、電子材料、精密機器、分析機器、不動産、保険、ファインカーボン、石油・燃料類


略歴・経歴(プロフィール)
■宮崎孝(みやざき・たかし)
日本の経営者。昭光通商株式会社社長を歴任。埼玉県出身。1974年(昭和49年)慶大商卒、昭和電工入社。2007年取締役。2010年常務執行役員。2014年3月、昭光通商の社長に就任

日置電機株式会社

日置電機の歴代社長


創業者:日置美三、美三の兄・日置峰二、弟・日置四郎

初代:日置峰二(1952年~1971年)
2代:日置晃司(1971年~1973年)
3代:日置恒明(1973年~1995年)
4代:日置勇二(1995年~2005年3月)
5代:吉池達悦(2005年3月~2012年12月)
6代:町田正信(2013年1月~2016年12月)
7代:細谷和俊(2017年1月~ )


■日置電機株式会社(ひおきでんき)は、長野県上田市に本社を置く電気計測器の開発、生産、販売を行うメーカである

■市場情報:東証1部

■1935年 東京都で創業。後に戦災を逃れ長野県へ移転する

■1952年 日置電機株式会社設立


略歴・経歴(プロフィール)
■細谷和俊(ほそや・かずとし)
日本の経営者。日置電機株式会社社長を歴任。昭和30年1月1日生まれ。長野県出身。明治大学工学部卒業。日置電機(現HIOKI)入社。2005年 執行役員。2011年 取締役。2017年1月1日 社長に就任

日本カーボン株式会社

日本カーボンの歴代社長


伊東郁夫(2013年~2106年12月)
宮下尚史(2017年1月~ )


■日本カーボン株式会社(にっぽんカーボン)は、東京都中央区に本社を置く炭素製品の大手メーカーである

■1915年12月20日 会社設立

■1927年 日本では初となる人造黒鉛電極の製造に成功する

■1999年 新日本カーボン株式会社を吸収合併し、この工場を現在の滋賀工場とする


略歴・経歴(プロフィール)
■伊東郁夫(いとう・いくお)
日本の経営者。日本カーボン株式会社社長を歴任。1947年2月26日生まれ。富山県出身。同志社大学工学部卒業。1971年日本カーボン株式会社入社。2009年日本カーボン株式会社専務取締役生産技術本部長就任。2013年日本カーボン株式会社代表取締役社長に就任


略歴・経歴(プロフィール)
■宮下尚史(みやした・たかふみ)
日本の経営者。日本カーボン株式会社社長を歴任。東京都出身。1988年 明大商卒業。1992年 日本カーボン入社。2016年 専務取締役。2017年1月1日 社長に就任

株式会社阪急百貨店

阪急百貨店の歴代社長


初代:清水雅(1947年就任)
3代:鳥居正一郎(1981年就任)


※阪急百貨店の初代法人(1947年3月7日 - 2007年9月30日)は、現在のエイチ・ツー・オー リテイリング株式会社


■阪急百貨店(はんきゅうひゃっかてん)は、エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社傘下の株式会社阪急阪神百貨店が運営する日本の百貨店である

■2代目法人(2007年10月1日 - 2008年9月30日)は2008年10月1日付で株式会社阪神百貨店と合併し、株式会社阪急阪神百貨店に商号変更した



略歴・経歴(プロフィール)
■清水雅(しみず・まさし)
【1901年~1994年】日本の経営者。大阪府生まれ。慶応義塾大学経済学部理財科卒。昭和4年に阪神急行電鉄(現・阪急電鉄)入社。昭和22年、阪急百貨店初代社長。以降、東宝、阪急電鉄会長を歴任。勲二等瑞宝章。フランス文化勲章。93歳で没

株式会社ファミリア

ファミリアの歴代社長


創業者:坂野惇子(田村光子、田村枝津子、村井ミヨ子の計4人の主婦により1948年、神戸で創業)

初代:元田蓮(1950年~1953年5月)※本業は神戸でモトヤ靴店を経営
2代:坂野通夫(1956年5月~ )※3年間社長空席の後、坂野惇子の夫が就任
3代:岡崎晴彦(1985年 3月~2008年)※坂野夫妻の娘の夫。岡崎財閥の御曹司。66歳で急逝

岡崎忠彦(2011年4月~ )※坂野夫妻の孫。晴彦の息子


■株式会社ファミリアは、兵庫県神戸市中央区相生町に本社を置く子供服を中心とするアパレルメーカーである

■シロクマの子供をイメージキャラクターにあしらっていることで知られ、また皇室御用達として、日本の子供服の草分け的存在としての知名度も高い

■創業から今日まで、子供服・子供向け用品・ベビー用品の取り扱いを専業としている

■1950年4月 社名をモトヤからファミリアに改称し、株式会社に改組


略歴・経歴(プロフィール)
■岡崎忠彦(おかざき・ただひこ)
日本の経営者。株式会社ファミリア社長。1969年生まれ。兵庫県神戸市東灘区出身。甲南大学経済学部卒業。米カリフォルニア美術工芸大(現カリフォルニア美術大)を経てグラフィックデザインの仕事に従事。2003年、ファミリア。執行役員を経て、2011年 代表取締役社長に就任

ヤマサ醤油株式会社

ヤマサ醤油の歴代社長


初代:濱口儀兵衛(1645年、紀州から下総国銚子にわたり、醤油醸造業を開始)
7代:濱口梧陵(物語『稲むらの火』のモデルとして知られる)
12代:濱口道雄(現在のヤマサ醤油社長。濱口梧陵の玄孫にあたる)

石橋直幸(2017年3月~ )


■ヤマサ醤油株式会社(ヤマサしょうゆ)は、千葉県銚子市にある醤油を中心とした調味料メーカーである

■七代目当主濱口梧陵の代で医学をはじめ様々な社会事業に尽力し、現在でも診断用医薬品や抗体試薬などの医薬品も販売している

■1645年(正保2年)に創業

■1928年(昭和3年)、株式会社組織に改組


■略歴・経歴(プロフィール)
浜口梧陵(はまぐち・ごりょう)
【1820年~1885年】醤油醸造業を営む濱口儀兵衛家(現・ヤマサ醤油)当主で、七代目濱口儀兵衛を名乗った。津波から村人を救った物語『稲むらの火』のモデルとしても知られる。6月15日紀伊国広村(和歌山県広川町)に生まれる。1854年、安政大地震津波に「稲むらの火」揚げ救援活動。大堤防建設など被災民の救済に尽くす。1868年、紀州藩勘定奉行となる。1880年、県議会初代議長となる。1881年、銚子汽船株式会社を設立。65歳で没

サッポロホールディングス株式会社

サッポロホールディングスの歴代社長


初代:柴田清(1949年~ )

内多蔵人(1971年~1973年)
河合滉二
荒川和夫
枝元賢造(1995年3月~1999年11月)
岩間辰志(1999年11月~2005年3月)
村上隆男(2005年3月~2011年)
上條努(2011年~2016年12月)
尾賀真城(2017年1月~ )


■サッポロホールディングス株式会社は、ビールメーカーのサッポロビールや清涼飲料水メーカーのポッカサッポロフード&ビバレッジなどを傘下に持つ純粋持株会社である

■2003年(平成15年)7月1日に、(旧)サッポロビール株式会社から商号変更した。日本の大手ビールメーカーでは最初に持株会社制に移行した


略歴・経歴(プロフィール)
■尾賀真城(おが・まさき)
日本の経営者。サッポロホールディングス株式会社社長、サッポロビール社長を歴任。東京都出身。1982年 慶應大学法学部卒業。サッポロビール(現・サッポロホールディングス)入社。2013年3月 サッポロビール社長に就任。2017年1月1日 サッポロホールディングス株式会社社長に就任

株式会社大気社

大気社の歴代社長


初代:上西威(1913年~ )

上西圭治(1950年11月~1985年6月)
阿部貞市(1985年6月~2001年6月)
山本廣(2001年6月~2006年12月)
中矢義郎(2007年1月~2010年3月)
上西栄太郎(2010年4月~2013年)
上山悟(2013年4月~2017年3月)
芝利昭(2017年4月~ )


■株式会社大気社(たいきしゃ)は、日本の設備工事業者で空調、衛生、塗装設備などを手がける

■本社所在地:東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー

■創立年月日:1913年(大正2年)4月10日

■1913年(大正2年)4月10日、合資会社建材社創立。初代社長に上西威

■1973年、大気社に社名変更

■市場情報:東証1部


略歴・経歴(プロフィール)
■阿部貞市(あべ・ていいち)
【1923年~2016年】日本の経営者。株式会社大気社の社長を歴任。1923年12月7日、香川県三豊郡観音寺町(現 観音寺市観音寺町)で生まれる。 東京帝国大学工学部応用数学科卒業。建材社入社。建材社常務取締役。1973年、大気社に社名変更。1977年、大気社専務取締役。1985年、大気社代表取締役社長に就任。長男は武司
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR