株式会社メッセージ

メッセージの歴代社長


初代:橋本俊明(1997年5月~2008年7月)※創設者
2代:古江博(2008年8月~2015年6月)
3代:佐藤俊雄(2015年6月~ )


■株式会社メッセージは有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅・グループホームの運営、居宅サービス事業を行う企業である

■本社所在地:岡山市南区西市522-1

■設立年月日:1997年5月26日


略歴・経歴(プロフィール)
■橋本俊明(はしもと・としあき)
日本の医師、実業家。1948年9月27日岡山県岡山市で生まれる。岡山大学医学部を卒業、岡山大学医学部第一外科医局を経て、消化器専門の外科医として1981年に橋本胃腸科外科医院(現・岡山光南病院)を開業。1991年に病院の後方施設としてリハビリ主体の老人保健施設を始め、1994年に医療法人自由会を設立した後、1995年にケアハウス、グループホームを始めた。1997年に株式会社メッセージを設立


略歴・経歴(プロフィール)
■古江博(ふるえ・ひろし)
日本の経営者。株式会社メッセージ2代目社長を歴任。昭和25年11月30日生まれ。鹿児島県霧島市出身。明治大学商学部卒業。西友ストアー(現㈱西友)入社。執行役員人事部長。取締役財務部長。九州西友代表取締役社長。平成16年6月㈱銀座コージーコーナー取締役営業本部長。平成18年9月㈱メッセージ入社 顧問。平成20年8月代表取締役社長


略歴・経歴(プロフィール)
■佐藤俊雄(さとう・としお)
日本の経営者。株式会社メッセージ3代目社長。岡山県出身。1974年(昭和49年)岡山大法文卒、角丸堂入社。1999年メッセージ専務、2008年ライフメッセージ社長。2015年6月24日 株式会社メッセージ社長に就任

Sアミーユ川崎幸町

■Sアミーユ川崎幸町は株式会社メッセージが運営している

■株式会社メッセージ
代表取締役会長:橋本 俊明
代表取締役社長:佐藤 俊雄

■Sアミーユ川崎幸町の所在地
・神奈川県川崎市幸区幸町2丁目632-1

■開設年月日:2011年11月

■入所条件
・要支援認定・要介護認定(1~5まで)・認知症可・要身元保証人・年齢制限あり

■居室設備
ナースコール、フローリング、フラットフロア、収納、冷暖房、エアコン、キッチン、電磁調理器、洗濯機置場、洗面化粧台、一般浴室、トイレ、車椅子対応トイレ、暖房便座付トイレ、地上波アンテナ、電話機、電話回線


略歴・経歴(プロフィール)
■橋本俊明(はしもと・としあき)
日本の医師、実業家。1948年9月27日岡山県岡山市で生まれる。岡山大学医学部を卒業、岡山大学医学部第一外科医局を経て、消化器専門の外科医として1981年に橋本胃腸科外科医院(現・岡山光南病院)を開業。1991年に病院の後方施設としてリハビリ主体の老人保健施設を始め、1994年に医療法人自由会を設立した後、1995年にケアハウス、グループホームを始めた。1997年に株式会社メッセージを設立

積和サポートシステム株式会社

積和サポートシステムの歴代社長


代表取締役:岩本隆博


■積和サポートシステム株式会社は有料老人ホーム及びサービス付き高齢者向け住宅の運営を行っている会社である

■高齢者福祉の向上に寄与することを目的として、積水ハウス株式会社と株式会社メッセージが設立した合弁会社

■本社所在地:東京都中央区日本橋小伝馬町13番4号 共同ビル6階

■設立年月日:平成17年7月1日

■資本金:1億円

■事業内容:有料老人ホーム及びサービス付き高齢者向け住宅の運営 他

■Sアユーミ川崎幸町などを運営している

■役員(2015年9月現在)
代表取締役:岩本隆博
取締役:高橋治
取締役:中坪良太郎
監査役:田中善秀

■株主
株式会社メッセージ (51%出資)
積水ハウス株式会社 (49%出資)


略歴・経歴(プロフィール)
■岩本隆博(いわもと・たかひろ)
日本の経営者。積和サポートシステム株式会社社長。株式会社メッセージ 取締役戦略担当執行役員 財務経理部長

佐藤工業株式会社

佐藤工業の歴代社長


創始者:初代・佐藤助九郎(1862年に創設)

佐藤欣治(1946年~1988年)
杉晟(  ~2009年12月)
山田秀之(2010年1月~ ) 


■佐藤工業株式会社(さとうこうぎょう)は、日本の総合建設会社(ゼネコン)である

■北陸発祥の土木の名門ゼネコンで、ピーク時には準大手規模の7000億前後の売上高を誇り、全日本空輸とともに横浜フリューゲルスに共同出資する親会社であった

■土木工事には高い技術力と実績を有し、青函トンネル、黒部ダム、東京湾アクアライン、本州四国連絡橋などの大型国家プロジェクトに数多く携わってきた

■本社:東京都中央区日本橋本町四丁目12番19号

■創業:1862年((文久2年)

■設立:1931年 (昭和6年) 7月20日

■2002年3月3日 会社更生法の適用を申請し経営破綻

■2003年3月6日 川田工業・若築建設を支援企業として更生計画案を提出。3月31日、更生計画認可される

■2009年9月30日、会社更生手続終結


略歴・経歴(プロフィール)
■佐藤欣治(さとう・きんじ)
【1909年~1991年】佐藤工業元社長。富山県砺波(となみ)生まれ。早稲田大学商学部卒。日本電力勤務を経て、昭和20年、佐藤工業に入社して専務。翌21年に社長。昭和63年に会長。昭和54年に勲二等瑞宝章。この間、業界団体の役員を歴任し、技術革新をリードした。82歳で没

東洋佐々木ガラス株式会社

東洋佐々木ガラスの歴代社長


島田孫市(東洋ガラス創始者)
佐々木宗次郎(佐々木硝子創始者)

戸田逸男(東洋佐々木ガラス社長)


■東洋佐々木ガラスは総合容器メーカー東洋製罐グループの一員である

■事業内容:ガラス製ハウスウエア製品の製造販売

■本社所在地:東京都中央区日本橋馬喰町2-1-3

■明治21年創業の東洋ガラスと、明治35年創業の佐々木硝子が平成14年(2002年)に経営統合して誕生した


略歴・経歴プロフィール)
■島田孫市(しまだ・まごいち)
【1862年~1927年】明治、大正時代の実業家。大分県の豊前中津出身。明治9年工部省が設立した硝子(ガラス)工場にはいる。21年大阪で独立し、色ガラス製出、透明ガラスの焼き付けなどに成功し業績をのばす。39年岩崎俊弥と大阪島田硝子製造を設立。41年岩崎とわかれ、大正14年島田硝子製造所を創立した


略歴・経歴プロフィール)
■佐々木宗次郎
日本の実業家。佐々木硝子創始者。東京神田に佐々木宗次郎商店を創業。日本のガラス工業はランプの国産化で始まり、佐々木宗次郎商店も営業の主流を石油ランプとし、翌年には早くもハワイ・中国・東南アジア諸国へランプを輸出。国内でも販路を拡張して全国的な卸問屋となった

近畿日本鉄道株式会社

近畿日本鉄道の歴代社長


※大阪電気軌道設立から数える

初代:廣岡惠三(1910年9月~1912年12月)※大同生命保険社長など歴任
2代:岩下清周(1913年1月~1914年11月)※近鉄の前身・大阪電気軌道創業に尽力
3代:大槻龍治(1915年8月~1927年3月)※大阪税関長などを務めた官僚
4代:金森又一郎(1927年3月~1937年2月)
5代:種田虎雄(1937年2月~1947年4月)※大軌・参急合併、近畿日本鉄道設立
6代:村上義一(1947年4月~1951年12月)※参議院議員、運輸大臣
7代::佐伯勇(1951年12月~1973年5月)※近鉄中興の祖
8代:今里英三(1973年5月~1977年6月)※近鉄大阪線の全線複線化が実現
9代:富和宗一(1977年6月~1981年6月)
10代:上山善紀(1981年6月~1987年6月)※志摩スペイン村の建設などに尽力した
11代:金森茂一郎(1987年6月~1994年6月)※金森又一郎の孫
12代:田代和(1994年6月~1999年6月)
13代:辻井昭雄(1999年6月~2003年6月)※近鉄グループの再編に着手
14代:山口昌紀(2003年6月~2007年6月)
15代:小林哲也(2007年6月~2015年)
16代: 和田林道宜(2015年~ )


■近畿日本鉄道株式会社(きんきにっぽんてつどう)は、大阪府・奈良県・京都府・三重県・愛知県の2府3県に跨る営業路線網を持つ大手私鉄である

■JRグループをのぞく日本の鉄道事業者(民営鉄道)の中では最長の路線網を持つ

■近鉄グループホールディングスの子会社である


経歴(プロフィール)略歴
■佐伯勇(さえき・いさむ)
【1903年~1989年】近畿日本鉄道元社長。愛媛県生まれ。東京帝大法学部卒。昭和2年、大阪電気軌道(近畿日本鉄道の前身)に入社し、昭和26年に社長。昭和48年に会長。関連事業の育成に尽力し近畿日本ツーリスト、近鉄百貨店等約160社にのぼる巨大企業グループをつくり上げた。大阪商工会議所会頭等を歴任。86歳で没

牛久皮膚科医院 院長

牛久皮膚科医院の院長


院長:安良岡勇(やすらおか・いさむ)


■茨城県牛久市のクリニック「牛久皮膚科医院」の院長

■診療科目:皮膚科

■牛久皮膚科医院の所在地
・牛久市牛久町 280 エスカード牛久4F

■最寄駅:牛久駅[西口]から徒歩約1分


略歴・経歴(プロフィール)
■安良岡勇(やすらおか・いさむ)
日本の医師。埼玉大物理科卒業、千葉大医学部卒業。牛久皮膚科医院の院長





牛久の沿革
1804年 - 牛久助郷一揆。1878年(明治11年) - 津田出が女化に日本初となる「洋式」大農場を開設。1889年(明治22年)4月1日 - 町村制が施行され河内郡牛久村設置。1896年(明治29年)3月29日 - 河内郡は信太郡と合併、稲敷郡となる。1954年(昭和29年)1月1日 - 町制施行、牛久町となる。1954年(昭和29年)4月1日 - 岡田村と合併、新町名は牛久町とする

株式会社三井住友銀行

三井住友銀行の歴代社長


西川善文(2001年に就任)※三井住友銀行になって初の頭取
国部毅(2011年4月~ )


■株式会社三井住友銀行(みついすみともぎんこう)は、本店を東京都千代田区に置く、三井住友フィナンシャルグループの子会社である

■都市銀行、3大メガバンクの一角を占めている

■2001年4月1日に、住友グループの住友銀行と、三井グループのさくら銀行が合併して発足した

■本社:東京都千代田区丸の内一丁目1番2号


略歴・経歴(プロフィール)
■國部毅(くにべ・たけし)
日本の経営者。三井住友銀行頭取、三井住友フィナンシャルグループ取締役。1954年3月8日 生まれ。東京都出身。埼玉県立浦和高等学校を経て、東京大学経済学部卒業。住友銀行に入行。ペンシルベニア大学・ウォートン・スクールにてMBA取得。三井住友銀行財務企画部長、経営企画部長、執行役員、三井住友フィナンシャルグループ企画部長、取締役、三井住友銀行常務執行役員などを経て2011年4月 頭取に就任

株式会社共和電業

共和電業の歴代社長


河井正安
高木瑞夫( ~2011年3月)
星淑夫(2011年3月~2015年3月)
舘野稔(2015年3月~ )


■株式会社共和電業(きょうわでんぎょう)は、東京都調布市に本社を置く計測機器製造メーカーである

■ひずみゲージとその応用計測器は国内シェア40%。 主に「自動車試験分野」「運輸・交通インフラ分野」「環境・防災インフラ分野」「工業計測分野」で使われる

■本社所在地:東京都調布市調布ヶ丘3-5-1

■設立:1949年(昭和24年)6月28日

■1949年 東京都新宿区に株式会社共和無線研究所として設立

■1957年 箔ひずみゲージを完成

■1969年 東京証券取引所第2部に上場

■2000年 東京証券取引所第1部に指定替え


略歴・経歴(プロフィール)
■舘野稔(たての・みのる)
日本の経営者。株式会社共和電業 社長。昭和30年10月11日生まれ。栃木県出身。埼玉大工卒業。共和電業に入社。技術本部特機部長。技術本部副本部長兼ユニット開発部長兼先行開発部長。2009年 取締役。2014年 常務。2015年3月27日 社長に就任

住友林業株式会社

住友林業の歴代社長


保田克己(1966年6月~1974年11月)
山崎完(1974年11月~1984年11月)
大西和男(1984年12月~ )
山口博人(1994年6月~1999年4月)
矢野龍(1999年4月~2010年3月)
市川晃(2010年4月~ )


■住友林業株式会社(すみともりんぎょう)の本社所在地
・東京都千代田区大手町一丁目3番2号(経団連会館)

■創業:1691年(元禄4年)

■設立:1948年2月20日(昭和23年)

■元々は別子銅山の公害対策の植林事業から派生して創業した企業である

■1691年(元禄4年)
・住友家の別子銅山開坑、銅山備林経営を開始(創業)

■1894年(明治27年)
・別子鉱業所支配人 伊庭貞剛、「国土報恩」の精神に基づき、「大造林計画」を樹立

■1898年(明治31年)
・別子鉱業所に山林課を設置。別子林業の第一歩


略歴・経歴(プロフィール)
■市川晃(いちかわ・あきら)
日本の経営者。住友林業株式会社 社長。1954年11月12日生まれ。1978年 住友林業に入社。営業本部国際事業部長、住宅本部住宅管理部長などを経て、2010年4月 代表取締役 執行役員社長に就任

文理佐藤学園

文理佐藤学園の理事長


理事長:佐藤英樹(創立者)
学園長:佐藤仁美(2009年就任)※佐藤英樹の長女


■文理佐藤学園は埼玉県狭山市などで小中学校・高校や大学を営む学校法人である

■所在地:埼玉県所沢市泉町1806

■佐藤英樹理事長メッセージ
「学園の建学の精神は、「学識と技術の錬磨、報恩の精神、不撓不屈の精神」にあります。教育方針にある「すべてに誠を尽くし最後までやり抜く強い意志」をもち、激しい社会の変遷の中でも人間尊重の精神を持ち続け、常に新しい知識の吸収とテクノロジーの習得に努めてほしい、という願いを表現したものです」

■1966年 佐藤英樹・富美子先生が所沢市に「西武栄養料理学院」を創立

■1974年 学校法人「西武学園」設立

■1981年 学校法人名を「文理佐藤学園」と改称

■1999年 西武文理大学開学(サービス経営学部サービス経営学科)

■2007年 サービス経営学部健康福祉マネジメント学科開設

■2009年 看護学部看護学科開設


経歴(プロフィール)略歴
■佐藤仁美(さとう・ひとみ)
日本の教育者。年齢44歳(2015年9月2日現在)。2009年4月に文理佐藤学園の学園長に就任。2010年4月から傘下の西武学園文理小学校の校長も務めている

スカイマーク株式会社

スカイマークの歴代社長


創設者:澤田秀雄

初代:大河原順一(1996年11月~1998年12月)
2代:井手隆司(1998年12月~2003年1月)
3代:井上雅之(2003年1月~2004年1月)
4代:西久保愼一(2004年1月~2015年1月)
5代:有森正和(2015年1月~2015年9月)
6代:市江正彦(2015年9月~ )


■スカイマーク株式会社は、日本の航空会社。2006年10月1日より、旧社名の「スカイマークエアラインズ株式会社」から、略称として定着していた「スカイマーク」に社名を変更した


略歴・経歴(プロフィール)
■澤田秀雄(さわだ・ひでお)
旅行会社、HIS(㈱エイチ・アイ・エス)創業者。1951年大阪生まれ。高校卒業後、ドイツのマインツ大学に留学し、ヨーロッパを旅してまわる。帰国後、HISの前身であるインターナショナルツアーズを創業し、格安航空券を個人に販売し大成功を収める。その後、航空会社、スカイマークエアラインズやエイチ・エス証券などを設立。2004年東証一部上場。日本を代表するベンチャー企業に


略歴・経歴(プロフィール)
■市江正彦(いちえ・まさひこ)
日本の経営者。スカイマーク株式会社6代目社長。福岡県出身。東京大学法学部卒業。1982年 日本開発銀行(現・日本政策投資銀行)に入行。企業金融第一部長などを経て、2012年6月に常務執行役員。2013年9月 取締役に就任。政投銀の事業再生部長を務めた2000年代前半はダイエー救済にも携わった。2015年9月29日 スカイマーク社長に就任

山口組 組長

山口組の歴代組長


初代:山口春吉(1915年~1925年)
2代:山口登(1925年~1942年)※山口春吉の実子
3代:田岡一雄(1946年~1981年)
4代:竹中正久(1984年~1985年)※竹中組組長
5代:渡辺芳則(1989年~2005年)※二代目山健組組長
6代:司忍(2005年~ )※弘田組組長、二代目弘道会総裁


略歴・経歴(プロフィール)
■山口春吉(やまぐち・はるきち)
【1881年~1938年】山口組初代組長。兵庫県津名郡仮屋浦(町村制後:来馬村、現:淡路市仮屋)出身。1910年頃まで淡路島で漁師をしていたが、これに見切りを付け神戸港に労務者として移住した


略歴・経歴(プロフィール)
■田岡一雄(たおか・かずお)
【1913年~1981年】実業家。山口組三代目組長。甲陽運輸社長、芸能事務所・神戸芸能社社長、日本プロレス協会副会長。田岡満、田岡由伎の父(子は異母兄弟)。1913年、徳島県三好郡三庄村(のち三加茂町、現東みよし町)大字西ノ庄高木の貧しい小作農家の家に生まれた。出身校:兵庫尋常高等小学校高等科

株式会社福井洋傘

福井洋傘の歴代社長


橋本肇(2007年~ )


■株式会社福井洋傘の所在地:福井県福井市浜別所町4-4-2

■傘は古来より運気を広げる「末広がり」の意味を持ち、「露払い」「厄払い」で物事がまるくおさまる縁起物といわれている。福井洋傘は、伝統を重んじながら「時代に継がれる傘作り」に日々邁進し、五感で雨の日を楽しめる空間を提供している

■福井洋傘は曹洞宗の総本山とする、伝統と歴史のある永平寺のご用達を承っている。仏教では、傘の骨は後光を表し、傘そのものが天涯から発祥したとも語られており、各地の寺社、仏閣にも使われている


橋本肇(はしもと・はじめ)略歴・経歴(プロフィール)
日本の洋傘職人。1961年5月25日生まれ。福井県出身。北陸高校卒業。日本電子専門学校卒業。株式会社FBCオンパイに入社。1989年 福井洋傘に入社。2007年 代表取締役に就任。これまでの常識にとらわれない素材や構造を駆使した美しい傘は1本130万円を超えるものもある

続きを読む

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR